御挨拶

 

希望塾は、40年近く前に、母が近所の子供たちに勉強を教え始めた際に、
ギリシア神話「パンドラの箱」にちなんでつけた名前です。
皆さんは、「パンドラの箱」の話を聞いたことがありますか?

・・・「開けてはいけない」と言われていた箱を開けると、様々な災いが飛び出しました。
でも、最後の最後になっても、箱の中に残っていたものがありました

それが、希望でした・・・

というものです。

塾での指導を通じて、
前途有望な若者たちに、明るい希望を持てるようにしたいと思っています。
これは、決してきれいごとなどではなく、心からそう信じて指導に当たっています

私は、現在46歳、4児の父です。
双子の弟(双子の兄は医師)で、6人兄弟の5番目です。
小さい頃から運動ばかりしていて、
勉強を始めたのは、中学の半ば以降からです。

父は高校の国語教師で、熱心な読書家ですが、スポーツが得意です。
母は文学部出の文系人間ですが、医者家系に育ち、英語と数学を教えるっことが大好きです。

私が子供の頃は、

決して腐らず諦めず、希望を持ち続けること

自分や他人の長所を見つけることができると、幸せになれる

そんな話をよく耳にしたような気がします。

1991年、私が大学に入学したのを機に、
希望塾高等部が発足しました。

それ以来、私が最も関心を持ってきたことは、

「有名校に何人合格したか?」 という、結果よりも、
「どうやって才能を引き出すか?」という、
ひとりひとりの成長する過程です。

合格実績は、言ってみれば、数字の集積であり、
ひとりひとりの顔は見えません

そのような匿名性の高い情報よりも、
生徒ひとりひとりについて、
「どのように成長し、共に学んできたか?」という、
個々の顔が見える、ひとつひとつの思い出が、
私の原動力
になっています。

私は、役職名ではなく、名前で呼ばれるのが好きなので、
私のことを生徒の皆さんは「しょうごさん」と呼んでいます。

→ 「失敗しない塾選び」  詳細はこちら をクリック

詳細はこちら

高等部代表の行澤省悟のブログです。
主に勉強法、子育てについて、結構まじめにいろいろと書いています。
コメントも大歓迎です。 よろしかったら、どうぞ。

アメーバ(2014年3月より)    http://ameblo.jp/sakurikoro17
ヤフー(2011年5月~2014年3月)  http://blogs.yahoo.co.jp/yukisawa_s

希望塾は、真岡市台町と宇都宮市の他に、真岡市熊倉にも教室があります。
こちらの教室は、私の兄が運営しています。
真岡教室   http://kibou-juku.com/

真岡台町教室
真岡市台町105-7
(真岡駅から約400m)
TEL 0285-80-0066

宇都宮教室
宇都宮市西2-4-4
(東武宇都宮駅から約400m)
TEL 028-636-7250